PAGETOP

  1. TOP
  2. >
  3. 購入者インタビュー

聞かせて!
ヴィレッタ倶楽部

購入者インタビュー
uyer Interview

過去のインタビュー記事

質感のいいチークの床がお気に入り。

北欧ナチュラルな家

ご夫婦ともに西宮のご出身というKさま。
結婚後、お仕事の関係で明石市の社宅にお住まいでしたが、
お子さんの成長とともに、持ち家を検討。
そのタイミングで、実家があり、友人も多い地元・西宮へ戻ろうと
物件探しをスタート。

お子さんの学校、ご主人の通勤、奥様の日々の生活など
いろいろと検討された結果、手に入れられたのがこのお家。
ご希望のエリアで、酒蔵の町並みにも近い、落ち着いたロケーション。
公園が目の前という子育て中のKさまにピッタリなお家です。

「ヴィレッタの杜との出会いは?」
「西宮のなかでも慣れ親しんだエリアで・・・と 探しましたが、
インターネット広告に出た段階ですぐに問い合わせをしても 先を越されていて、
なかなか希望の物件を購入することができずにいました。 
西宮での物件探し、特に『このエリア!』って希望がある場合は、 
普通の探し方じゃダメなんですよね。 

広告前の未公開情報をもらえるように積極的に不動産会社さんへ働きかけました。 
そして、仲介してもらったのがこの物件でした。 
建築条件付き土地と言って、まず土地を買って、
上物はプラン例をもとに、好みや予算に合わせてアレンジしながら建てられるというものでした。 

元々は中古住宅や建売物件でもいいと思っていたので、予期せぬ展開でしたが、
売主で設計・施工会社のヴィレッタの杜のスタッフさんと
打ち合わせをしているうちに、家づくりがどんどん楽しくなって・・・。 
「こんな風にしたい!」「床は木にしたい!できれば、チークがいいなぁ」という具合に(笑)。
たくさん、希望も聞いてもらって、満足できる家が完成しました。

ヴィレッタの杜は、地元・西宮の会社で、阪神間で施工実績がたくさん有るので
とても安心感がありましたね。
  • 健やかに子育てされているKさまご一家
住み心地はいかがでしょうか。
提案してもらったプラン例は、
家の真ん中にあるダイニングが吹き抜けになっていて、
とても開放感があって気に入りました。
実際に住んでみても、大きな窓から光がたっぷりと射し込み、
予想どおり、とても明るいですね。

ダイニング横には、個室があって、
今はそこを子どもたちが勉強部屋として利用しています。
キッチンからちょうど見える場所なので
子どもを見守りながら、家事が進められてとても助かっています。

プラン例を我が家流にアレンジして
玄関からキッチンへ直接行ける動線を作ってもらったのですが、
これは大正解でした!
買い物帰り、荷物を運び入れる時にとてもラクです。

その他、リビングの収納も増やしてもらいました。
散らからず、スッキリと片づけられますね。

家づくりで楽しかったことは?
専任のインテリアコーディネーターさんがついてくれ、
あれこれ相談をしながら進められました。

ずっと大切にしている家具に馴染むように、床はチーク材を選んだり、
クロスは遊び心で北欧柄のものを選んだり・・・。
クロスは場所ごとに貼り分けてもらって、それぞれのシーンを楽しめるようにしました。

扉はオーダーだとコストが高くなるので、
既製品でも、チーク材の床に負けないような木の質感が感じられるものを
あちこち探しまわっていただき、雰囲気よく仕上げることができました。

外観は玄関横をコーラルストーン(天然石)で仕上げてもらいました。
高級感があって、とても気に入っています。

家づくり中は明石に住んでいましたが、きめ細かくフォローしてくださったので
離れていても不安に感じることなく、安心して家づくりが進められましたね。

最後に、西宮に戻ってこられてよかったことは?
海の手のため、坂が少なく、フラットなので
自転車での移動がとてもラクになりました。

あと、買い物施設もたくさんありますね。
オシャレで魅力的なお店が多いです(笑)。

子ども達は、公園が多いことが気に入っていますね。
家の真ん前にも大きな公園がありますので、
リビングからお友達の姿が見えたら、
すぐに遊びに行っちゃいますね。

子どもの人数も多いので、自然と友だちの数も増えました。
同じ世代の友だちと触れ合うなかで、さまざまなものを吸収して、
大きく育ってほしいなぁと思っています。
それに、西宮にはいろんな習い事の教室があるので、
可能性を広げてあげられることも親としては嬉しいですね。




緑の借景を活かしてナチュラルに。

仲間と集う土間のある家

ヴィレッタの杜が宅地開発し、分譲した街区の1つを購入し、
新築をされたUさまご家族。
購入された当時は、ご夫婦だけの生活でしたが
その後、お子様が誕生され、子育てのロケーションとしての魅力も実感されています。
「駅へ向かう間に保育園があり、慌ただしい朝夕の時間帯、
気もカラダもラクですね。西宮市は、子育て支援制度も充実。
同世代のご家族も多く、息子もお友達がたくさんなんですよ」とUさま。

住宅が建ち並ぶエリアですが、
設計の工夫で風通しがよく、プライベート感のある住まいに。
住んで3年。ご家族仲良く、ナチュラルな暮らしを育まれています。

「ヴィレッタの杜で家を建てた決め手は?」
当初は建売住宅を検討していましたが
間取りや仕様など、なかなかピンと来る家がなくて・・・。
とはいえ、注文住宅は自分たちの予算では難しいと思っていました。
そんな時、「ヴィレッタの杜」に出会い、
「売り建て」という方式があることを知りました。
土地契約後に、建物はフリープランで設計して建てるもので、
お値段は建売レベルでした。

ただ、住宅密集地だったので、どんな家が建つのか不安でしたが、 
同じような敷地条件でヴィレッタの杜が建てた家を見学。 
開放感があって、不安は一瞬で解消しました(笑)。
「ヴィレッタの杜」のフリープランは、本当にフリーなんです!
プランもデザインも自分たちの好きにさせてもらえ、
正直、「これって、注文住宅やん!」という感じでした。
標準設備・仕様のグレードが高く
十分なもので、満足できました。

制約があったと言えば、広さくらいですね。
でも、これは建ぺい率というものが法律で決まっているので
注文住宅でも同じ条件だったかと思いますが。
  • 幸せいっぱいのUさまご一家
建物へのこだわりを教えてください。
広い玄関と広いリビングを希望。
賃貸マンションに住んでいた時は、水まわりが暗かったので
明るく気持ちのいい空間にしたいという想いがありました。
あと、家族のつながりを大切にしたかったので、
子ども部屋や寝室はコンパクトなくらいがいいと思っていました。

外壁はクロにしたくて、いろいろと調べてもらって
「いちばん、黒いクロ」を探してきてくれました。

私たちはこだわりが強く、
妻は希望をノートにたくさん書きためていました。
設計をしてくれた建築家さんもインテリアコーディネーターさんも
とても熱い人で、実現できるように一緒に考えましょう!と言ってくれ、
2~3カ月間、毎週、打ち合わせを重ねました。
予算オーバーで諦めようとしていたこともあったのですが、
「ぜひ、やらせてください!会社に掛け合ってみます!」と
頑張ってくれて実現できたものも多くあります。

家ではどのように過ごしていますか?
寝る時以外は、ずっと2階ですね。

水まわりとリビングを2階に集約したので、
家族と過ごしながら、同時進行で一気に家事が済ませられます。
キッチンにいても、リビングで遊んでいる子どもに
目を配りながら、家事を進められるので本当に助かります。

玄関土間が広く、明るくて開放感もいっぱい。
居心地がよくて遊びに来た友人と過ごすスペースにもなっています。
土間からはガラス越しに緑の借景を楽しめように提案してもらったプランも気に入っています。


最後に、住み心地をお聞かせください
住んで3年が経ち、提案してもらったことは
「やってよかった」というものが多いですね。

住宅密集地ですが、窓の位置がとても工夫されていて
密集地だと感じないところがいいですね。
リビングでソファに腰かけると、お隣の家が見えず、
空だけが見えるんです。
昼は雲がゆっくりと流れていくのが見えるし、
夜はお月様がキレイに見えて、癒されています。

あと、コンセントやスイッチなど、こまかな部分まで
実に配慮が行き届いた提案をしてもらったんだなぁと
住みながらつくづくと感じています。

ヴィレッタの杜が宅地開発した街区で、
クルマの進入がないようにプランされているので、
子どもが外で遊んでいても安心していられます。

木造3階建て住宅で構造を工夫、

ダイナミックな空間構成を実現

阪急「西宮北口」駅近く、非常に利便性の高い場所で新築をされたKさま。
もともとは、隣市の建売住宅にお住まいだったが、
西宮市内にご友人が多く住んでおられたこと、
お子様が成長され、通学に電車を使うようになり、
乗り換えなしで大阪や神戸へ行ける場所がよいと考えるようになり、
西宮市へ転居されました。

外壁は、一般住宅ではほとんど見かけない大判の石調タイルなど
4つのテクスチャーを組み合わせ、高級感ある外観デザインに。
クルマ好きのご主人が念願だったビルトインガレージや書斎、
奥さまお気に入りの吹き抜けのある明るく開放感いっぱいのリビングなど
こだわりが詰まったプランで実現しました。

梁の組み方を工夫し、構造を強く。ビルトインガレージや吹き抜けなど
ダイナミックな空間構成をもつ3階建て住宅が完成しました。

「ヴィレッタの杜で家を建てた決め手は?」
西宮市で土地探しを始めたものの、
なかなか売土地が見つかりませんでした。
ここ数年、住みたい街ランキングで1位に選ばれていることもあり、
一般の人の目に触れる物件が減り、土地探しがずいぶん難航しました。
そんな時、地域密着で活動されている
「ヴィレッタの杜」に出会い、
売り出し前の物件も含めて、
選べるだけの土地情報をいただくことができました。

選んだこの敷地は、駅の近くなのに、落ち着いた住宅地。
整形地で間口も広く、。
希望していた2台分のビルトインにもピッタリな土地でした。

私たちは、かねてから、大手ハウスメーカーではなく、
地域密着でお商売されてる建築会社で
建てたいと思っていました。「ヴィレッタの杜」は、
地元に根ざして20年以上も立派にお商売されていて、私たちのことも
大切に考えてくれるんじゃないかなぁと思い、
安心して家づくりもお願いしました。

家づくりのこだわりは?
クルマが好きで、濡らしたくないというのが本音。
ビルトインガレージにして、想いを叶えることができました。
オーバースライダーのシャッターは、僕のこだわりです。
開閉がスピーディで静か。
休日にカフェにお茶に出かける時もスムーズですね。

2階リビングは、前面道路からの視線も気にならないし、とても寛げますね。
建築家の大庭氏から提案があった大きな吹き抜けは、
やっぱり開放感があって家族みんなのお気に入りです。

水まわりや主寝室も2階に設け、夫婦はぼぼ2階で生活が完結。
子ども達には3階にそれぞれの個室を設けました。

素材の質感にも、こだわりましたね。
インテリアコーディネーターの方のセンスと人柄が素晴らしく、
妻と楽しそうにあれこれ打ち合わせをしながら
まとめていただきました。

 
最後に、家づくりの感想をお聞かせください
建築家とインテリアコーディネーターのおふたりが
私たちに寄り添いながら、親身に、
そして熱く提案してくださったことがとても嬉しかったですね。
プロのおふたりがお互いに妥協せず、意見を交わすシーンも多く、
「少しでもよくしたい」と情熱をもって取り組んでいただきました。

選択肢が多く、何から何まで自由だったので、
「注文住宅って、こんなに大変なんだ」と思う反面、
おふたりがうまくリードしてくれたので
どんどん楽しくなり、家づくりが好きになっていきました。

完成した家は、家族全員が本当に大満足しています。

ライトアップした外観の夕景も美しく、帰宅するたびに
思わず、「いい家だなぁ」って喜んでいるんですよ。

庭のグリーンが映える、

シンプルで美しい白の世界

街でありながら、山や海など自然が近い住環境に惹かれ、
西宮市内で新築をされたSさまご一家。
暮らしのなかに潤いを与えてくれる緑あふれる庭に囲まれた邸宅は、
さながら森のなかの別荘のような雰囲気です。
高台の敷地でゆったりとプライベート感あふれる暮らしを楽しまれています。

「ヴィレッタの杜で家を建てた決め手は?」
夫婦ふたりとも関東出身なのですが、仕事の都合で関西へ。
教育環境もよく、街の機能も十分だし、豊かな自然も近い西宮市は
ずっと住みたいと思える街でしたね。
関東へ戻る選択もできたのですが、この土地でしっかりと腰を据えて
子育てをしたいと決意し、家を建てることにしました。

土地探しはインターネットでいくつか候補地をピックアップ。
100%満足ではなかったのですが、教育環境を考え、
実は、他社から紹介してもらった土地に決めかけていました。
そんなとき、ヴィレッタの杜から
「いま、こんな土地が出ました」と速報が入りました。
見学してみると、念願だった庭も実現できる広さがあって
子どもたちの教育環境も希望どおり。
私たちの想いに寄り添っていただき、
おかげさまで100%満足できる土地に出会うことができました。

ヴィレッタの杜では建築家による設計やインテリアコーディネートまで
トータルに家づくりをお任せできるとのことでした。
建築会社といえば、ハウスメーカーくらいしか
思い当たらなかったのですが
希望をすべて満たそうとするとコストが跳ね上がってしまうのが現実でした。
ヴィレッタの杜では、予算のなかで細部までしっかりとこだわることができました。
建築家の新森さんは社内に籍を置いていらっしゃるので、
常に話ができ、想いをすべて伝えることができました。

  • リビングは半分を吹き抜けにして、開放感いっぱい
建物へのこだわりを教えてください。
大きなこだわりは、照明と庭でした。
FLOS(フロス)、パテラなどデザイナーズ照明が映えるインテリア、
窓の外には緑いっぱいのお庭が広がり、
レモンやオリーブ、ベリーなどを摘んで日々の料理に
使うライフスタイルが希望だということを、建築家に伝えました。

我が家は食事を大切にしていますので、
ダイニングは郊外のレストランをコンセプトに
庭を眺められるように設計していただきました。
細かなところで言えば、テーブルの高さと
窓の取り付け位置を合わせて食卓に広がりが出るように
しています。

玄関からリビングへ続くスペースは、
リビングの開放感が高まるように
天井高に変化を与えるなど建築家ならではの
計算があります。

大きな吹き抜けにぽっかりと浮かぶ渡り廊下も
インパクトがあって気に入っています。
手すり部分は透明なパネル素材にしたので
浮遊感がすごいんですよ。

 
家ではどのように過ごしていますか?
2か所ある庭は、それぞれ用途を変えて楽しんでいます。
芝を貼った庭は、子ども達がサッカーをしたり、夏はプールを出したり、
お友達を招いてBBQパーティを楽しんだりしています。
ダイニングやリビングに面した庭は、プライベートな鑑賞用ですね。
育てたベリーを摘んで娘にジャムづくりを教える約束をしています。
バスルームは窓辺に植え込みがあって、
主人は露天風呂のような癒しを楽しんでいます。

芝のある庭からバスルームへ直行できる勝手口があり、
子どもたちが遊んだあと、玄関や廊下を通らずにそのまま足を洗えるように
工夫されています。おそうじもラクですね。

光熱費についても配慮していただき、吹き抜けのある大空間なのですが、
エコワンとうハイブリッド給湯・暖房システムを薦めてもらって
驚くほど光熱費が安くすんでいます。
最後に、家づくりの感想をお聞かせください
ヴィレッタの杜には、土地探しのプロ、資金計画のプロ、
建築家、インテリアコーディネーターなど
専門家がいて、チームで対応してくださる安心感がありました。
とても質のよいサービスをしてくださったことが印象的でした。

家づくりをトータルにお任せできたので、
全体予算に配慮しながらコストコントロールしてもらえました。

建築家は私たちの想いに寄り添ってくれる人で、
密に連絡を取り合いながら進めてくれました。

木造では一般的に難しいプランも、設計や施工を工夫していただき
実現できました。

2階リビングからは

空・山・海を望むパノラマビュー。

閑静な山の手、風致地区に佇む家

阪神間の山の手に広がる、誰もが憧れる
邸宅街に新築をされたFさまご一家。
住環境が特に優れている風致地区で、
住み慣れた街で暮らしたいという奥様の願いと、 
持ち家ならマンションよりやっぱり一戸建てがいい、
というご主人の想いが叶った住まいです。

「ヴィレッタの杜で家を建てた決め手は?」
「そろそろ、持ち家を・・・」と考えていた時、
たまたま折り込みチラシで見つけた芦屋市の物件を目当てに
大手不動産会社を訪問。
実際に見学してみると、周辺環境など
思い描いていたイメージとは違って・・・。
その物件を見送ることにしました。
その後、不動産会社から
紹介してもらったのがこの物件でした。
基礎工事が完了していたのですが、今なら建物は自由が効くし
「このエリアでこの価格は、めったに出ない」という話でした。
売主であるヴィレッタの杜は、阪神間で実績が多く、
いい家を適正価格で建てている評判のよい会社であることも
教えてくれました。確かに相場から見ても、
価格と物件のバランスがよかったので、思い切って決断しました。

  • リビングは開放感いっぱいの勾配天井。窓の外には六甲山の風景が広がる
建物へのこだわりを教えてください。
収納は位置や広さだけでなく、
「ここには服を吊り下げたいから、パイプハンガーを・・・」と
いったように細かくオーダーさせていただきました。
インテリアコーディネーターが女性で、
妻の想いに寄り添って、一つひとつ丁寧に要望に対応してくれました。

スタイリッシュなキッチンは、海外からの輸入。
同じシリーズで大容量のキャビネットも取り寄せてもらい、
キッチンにあふれる道具をスッキリと収納することができます。

 
家ではどのように過ごしていますか?
「2階リビングは明るく広いので居心地抜群。
自然と家族が集まってきて、
みんなでゆっくりと過ごすことが多いですね。
広いリビングだと、子どもたちの遊びも違ってきました。
大きな段ボールを組み立てたり、家のなかでも
体を動かして、何だか楽しそうです。
2階リビングは夏は暑いのでは?と、思っていたのですが、
屋根断熱がしっかりとされているので、涼しく過ごせます。
天気がよい日は、庭の手入れをしたり、
公園が近いので親子でよく遊びに行きます。
うちは家族の仲がいいのですが、この家を建ててから
いっそう、つながりが深くなったように思います。
最後に、家づくりの感想をお聞かせください
父が大工をしているのですが、
建てている間に構造を見学したり、完成してからは仕上げを確かめ、
「プロの目から見ても丁寧に建ててくれている」と
言って感心していました。
ヴィレッタの杜はスタッフ皆さん
対応が柔軟で、可能な限り、どんなことでも
一生懸命、頑張ってくださった印象です。
引き渡し後も気にかけていただけますね。
何か困ったら技術のスタッフさんが
すぐに飛んできてくれる安心感があり、
地元密着ならではのアフターフォローはさすがです。

ヴィレッタの杜は、同じエリア内でも、
いい場所を押さえている印象があります。
我が家の敷地も、前面道路がフラットですし、
切土なので地盤も強くて安心しています。

敷地も、建物も、対応も、
すべてバランスがいい会社だと思いますね。

 

緑あふれるスパニッシュガーデンと

趣のある和空間が共存する家

家族構成の変化に伴って、広くなりすぎた敷地の大部分を売却。
大きなお屋敷をコンパクトに建て替えられたNさま。 
土地売却は、地元で実績の多い「ヴィレッタの杜」へ。
「建て替え前の家は、建築家の先生に設計をお願いしていました。
 ヴィレッタの杜さんにも、建築家がいらっしゃると聞き、
 建て替えもあわせて依頼することにしました」とNさま。
 奥さまがお好きなスパニッシュガーデンに囲まれた
緑あふれるリビングがあるいっぽうで、本格的な和室も設えています。

家づくりでのこだわりや要望を教えてください。
「設計を担当してくださったのは、建築家の松本先生。
とってもお優しい方で、『何でも言ってくださいね』が口癖なんです。
私は、ハウスメーカーさんの家のように外観を見て
『〇〇ハウスの家』とわかるような家は避けたいとお伝えしました。
この辺りにない外観デザインにしてほしいという要望にも
しっかりと応えてくださいました。
また、開放感にもこだわりましたね。
リビングは庭へと自然につながりますので、
緑やお花に囲まれながらお茶をしたり、食事を取ったり・・・。
日常的にアウトドアリビングのある暮らしを楽しんでいます。

家づくりで印象的だったことは?
「建て替え前の家には暖炉があったのですが、
炉台の施工に使われていたタイルや大理石を
新居の手洗いカウンターに再利用していただきました。
娘や息子たち、それに旧宅を訪ねたことがある友人は、
「あっ!懐かしい」と言って
旧宅のころを思い出しては昔話に花を咲かせています。
和室の建具は、長年お付き合いのある職人さんとコラボレーションして
いただいたり、旧宅で使っていた障子をとても気に入っていたので
再利用していただいたり・・・。 

本当は新しいものがいいんでしょうけど、
使い慣れたものだったり、気に入ったものがよくて
ワガママを承知でお願いしました。 

イレギュラーなことにも快く対応してくださって、
本当に感謝しています」。
 
設計プランの特徴は?
「玄関ホールは吹き抜けがあって、開放感いっぱい。
コレクションを飾って、私らしくゲストをお招きすることができます。
玄関を入って左側は来客用のスペースで、
右側はプライベートスペースにして公私を分離させています。
ただし、お茶出しや日々の生活動線を考慮して
家全体をぐるぐると回遊できる動線を設けているので
とてもスムーズですね。

ランドリーコーナーはゆったりと広く、
室内干しができます。
天窓があって、風や光が入りますので
洗濯物もよく乾きます。
一角には書類を書いたりできるように
机を造り付けたミセスコーナーもあって、便利ですね。

2階への階段は、まわり階段で緩やかですし、 
特別に幅もずいぶん広くしてくれているので、
ゆったりと上り下りができます。
アイアンの手すりは、建築家の先生と相談して
オリジナルデザインで特注した一点モノで
愛着がわきますね。
最後に、住み心地をお聞かせください。
どの部屋も天井が高く、開放感いっぱいです。
寝室も天井を高くしていただき、高い位置にある窓から
朝日がたっぷりと入り、心地よく目覚めることができます。
夜は月を眺めながら眠りにつきます。
家じゅうどこにいても、風通しや陽あたりがよくて、
とっても心地いいですね。

 

 

住みたい街No.1。
西宮市に建てた、空と光に包まれた

リゾート感覚あふれる家

緑豊かでありながら、都心へのアクセスのよさや
都市機能を備えた暮らしやすさを誇る西宮市。
住みたい街ランキングで、関西全域で堂々の第1位を4年連続で獲得。
将来性もあり、今、もっとも人気のあるエリアです。
そんな西宮市の中枢エリアで新築をされたのがM様ご一家。
大きな邸宅が建っていた土地が2区画に分筆されたため、
やや細長い敷地でしたが、
建築家の創意工夫で外からは想像がつかない
明るく開放感にあふれた住まいが完成しました。

「ヴィレッタの杜」に依頼を決められたのは、なぜですか?
「当初、大手ハウスメーカーを検討していました。
しかし、希望していた利便性の高いエリアで、
ハウスメーカーで建てるとなると、
少々予算オーバーでした。
いったん、ハウスメーカーを検討先から外し、
希望エリアで土地探しを再開。
ハウジングネットワークは西宮市に本社があり、
地域と深いつながりを持っておられ、
短期間で理想的な候補地が上がってきましたね。
最終的に選んだ土地も、もともとはハウスメーカーで
紹介された建築条件付き土地だったのですが、
時間が経って建築条件が外れて
ハウジングネットワークで扱うことに変わったのだそうです。
ハウスメーカーと比べ、建物価格が抑えられた設定なので、
大きなところはもちろん、細部にもいろいろと
こだわる余裕ができましたね。
阪神間を車で走っていて、素敵なスタジオオフィス(3か所)も
見かけていたので安心感がありました。
設計は建築家さんと打ち合わせを重ねて、
細部まで想いが叶えられたので結果的によかったと思います」

  • 吹き抜けに面した大開口のある明るいリビング。窓を見上げると、家族だけの空が見える
家づくりのこだわりや要望を教えてください。
「1つの土地を2つに分筆して販売された細長い敷地でしたので、
明るさをどう確保するかが課題でした。
建築家さんの提案で、家の真ん中に屋根まである大きな吹き抜けを設け、
トップライト(天窓)からたっぷりと光を取り込むことに。
2階はもちろん、1階の隅々まで光が届いて予想以上に明るいですね。
また、リビングは目線よりも高い位置に大きな窓を設け、
お隣りのプライバシーを邪魔しないように
明るく開放感を得るように工夫されました」。

 
ご家族それぞれのお気に入りの空間を教えてください。
「僕は、ダイニングとリビングですね。
朝日が射し込む明るいダイニングで、
家族みんなで朝食をとりながら一日がスタートします。
帰宅後はソファに腰かけてふと見上げると、
天窓から夜空や月を眺められて、ホッとひと息つくことができます。
妻は、家事のしやすさがお気に入りの様子。
キッチンは手元が見えないようにカウンターの立ち上がりを高くしたり、
洗濯と炊事が同時進行できるように
キッチン内にランドリーを設けたり・・・。
生活感は隠しながら、家事がラクにできるようになったと喜んでいます。
吹き抜け越しに、2階の子ども部屋の様子がわかるのも安心なようです。
子ども達は、屋上で太陽の下、のびのびと姉妹で仲良く遊んでいます。
車の往来を気にせずに遊べるので、親も安心です」。
DSC_1568
最後に、家づくりの感想をお聞かせください。
担当してくれた建築家さんは、
過去に博物館の設計を手掛けられたことがあり、
これまでの作品集も拝見させていただきました。
素敵な店舗の設計デザインもされていました。
リビングの大開口は、とても大胆なものですが
住宅以外の実績を活かして提案していただいたものだと思っています。
私たちからも、あれこれアイデアを出させていただきましたが
建築家さんが想いを汲んでくださってカタチになりました。

 

 

限られた敷地を最大限有効に。タテヨコに開放感が広がるスキップフロアの家

新築を機に、お母様と同居をスタート。楽しい暮らしが始まりました
「毎月、家賃を払わなくてはいけない賃貸マンション。
今が買い時かなぁと思い、一戸建てだけでなく、
マンションも含めて広く検討しました」とMさま。
阪神間でマンションを購入するとなると、それなりの予算が必要でした。
長い目で見ると、一戸建てのほうがメリットが多いと判断。
一人暮らしをされていたお母様も呼んで、一緒に暮らそうという計画になりました。

家づくりはどのように始められたのですか?
まずは土地探しから・・・と思いました。
当初、全国規模でデザイン住宅を手掛ける設計事務所を検討していたので、
候補地を決め、間取りプランの制作を依頼しました。
しかし、プランが上がってくるのを待っている間に土地が売れてしまって・・・。
その後、仕切り直して土地探し。気に入った土地はヴィレッタの杜が売主でした。
土地購入と家づくりをトータルに依頼できるので、スムーズなのでは・・・と、
依頼先の候補に。プランができるまでの間、土地をキープした状態にしてくれるなど
融通が利き、じっくりとプランを練ることができました。

DSC_6709
  • DSC_6741
  • 右/お気に入りのタイルを持ち込み、職人が施工 左/階段は光庭に面して明るい

 

ヴィレッタの杜に依頼を決めた最大の理由は?

 

地元・西宮をはじめ、阪神間での実績が多く、土地情報も豊富でした。
仕事で夜遅くなることもあるので、勤務地からは自転車で行き来が可能な距離であることと、
できれば坂が少ない土地を希望したのですが、見事に見つけてきてくれました。
阪神間の山の手で坂が少ないというのは、なかなか難しい条件だったと思いますが、
さすがでしたね。西宮周辺で家を建てた知り合いと話していると、
ヴィレッタの杜で建てた人が多かったんですよね。
「土地探しから頼めて、建築家さんと直接打ち合わせ。
ワガママもいっぱい聞いてもらえた」って。皆さん、とても満足されていました。
 
家づくりのこだわりや要望は、どのようなものでしたか?
スキップフロア設計にしたいというのが、最初からの希望でした。
壁で仕切るのではなく、つながりながら程よくゾーニングさせている感じを希望していました。
あと、僕はグリーンが好き色なので、深みのある緑色と木のブラウンを基調にした
コーディネートで仕上げてもらいました。
インターネットで購入した緑色のタイルを持ち込んで、
キッチンの壁に使ってもらうなど、好きにさせてもらえました。

DSC_6786DSC_6751
右/スキップフロア設計による階段  左/玄関ホールからシンボルツリーをのぞむ

 

住み心地はいかがでしょうか?
まず、冬、とても暖かく過ごせたことに驚いています。
この家は、いったん暖まると冷めにくい魔法瓶のような造りらしく、
就寝前に暖房を切ったあとも暖かさが続き、冬の早朝も起きやすかったです。
また、スキップフロア設計で、空間が4層になっているので、
リビングの音が寝室に響かず、夜遅く帰宅した時も気を使わずに
DVDやテレビを楽しむことができるのもいいですね。
リビングは眺望や陽あたりのよい2階に造ってもらい、
気持ちよく過ごすことができます。以前は休日は外に出かけてばかりでしたが、
この家に住んでからは自宅でゆっくり・・・ということが多くなりました。

DSC_6748DSC_6747
 左/階段下はトイレに活用   右/オーダーメイドで仕上げる洗面化粧台
最後に、家づくりの感想をお聞かせください
たくさんあった要望を一つひとつ実現できるように頑張っていただきました。
敷地をうまく活かし、大きく開放感のある空間を設計してくれたことには
特に感謝しています。完成検査に来た市役所の職員さんが
「上手に建てましたね」と感心していたくらいです(笑)。

DSC_6751

敷地15坪。
自然素材と光あふれる都市型3階建て

  • 大阪市内で新築をされたKさまご一家。
    間口はわずかに2間半、15坪の細長い土地に建つ木造3階建て住宅です。
    交通量の多い大通りから少し入った住宅密集地にありながら、明るく開放的な居住スペースには自然素材がふんだんに採用され、健やかに子育てを楽しまれています。
    設計士やインテリアコーディネーターとKさまご夫婦が対話を重ねに重ねて、大満足の家が完成しました。
  • img1

アイランドキッチンが暮らしのメインステージ。東側はガラス張りにして、朝から爽やかな光に包まれる自然素材の家。
天井高の建具やスチール階段は壁と同じホワイトで揃え、存在感を出さずにスッキリと。

依頼先はどのように決めましたか?
img2

壁面に大きなパントリーを造作。キッチンはコストとこだわりに配慮してサンワカンパニーで購入

「立地を気に入り、購入した土地はもともとは建築条件が付いていました。つまり、指定の建築会社に家づくりを依頼をするという前提がありました。しかし、 なかなか要望が伝わらず・・・。思い切って、建築条件を外してもらうように交渉しました。設計士が多く在籍されているハウジングネットワークなら、こだわりの多い私たちの要望をうまくカタチにしてくれると思い、依頼を決意。子どもを自然素材の家で健やかに育てたいという夢も叶えることができました。漆喰のぬり壁&ムクの床は暮らしていて、本当に気持ちがいいですよ」。
狭小住宅なのに、とても明るく開放的ですね。
「住宅が立ち並ぶエリアで、3方を隣家に囲まれた敷地。光や風をどのように確保するかが、課題でした。
東側は平屋のため、東面に大きな窓を設けることに。東面に設けられた階段は吹き抜けに、さらにフレームだけのスチール階段をオーダーメイドし、光を遮らないように工夫しています」。
img3

大きな窓から光がたっぷりと。スケルトン階段だから、光を遮らず、家じゅうが明るい

お気に入りのスペースはどこですか?
img4

一画にコーナーバルコニー。キッチンやリビングとの動線もよく、週末はBBQを楽しんでいる

「アイランドキッチンを中心としたLDKは遊びに来てくれた友人にも大好評。先日も8人でキッチンを囲んで、ワイワイおしゃべりしながらホームパーティで 盛り上がりました。12畳と決して広いわけではありませんが、開放感があり、動線もよくて使い勝手は抜群です。キッチンの横には水まわりをまとめ、料理をしながらでも子どもがお風呂に入ったり、歯磨きをしている様子に目を配ることもできます」。
  • img5_b
  • img6_b
  • img7_b
  • img8_b
  • img9_b
  • img10
  • img11_b
  • img12_b
  • img13_b
  • img14_b
  • img15_b
  • img16_b

道路と敷地の高低差2m以上、V字型の変形地。
住みやすく、開放感のある家に

  • 阪神間の山の手、成熟した住宅地に建つHさんのお住まい。急な坂道のさらに奥まったところ、敷地は2面が道路に面しているものの、それぞれ2~3mほどの高低差があります。さらにV字型の変形地・・・。
    いったい、どんな家なんだろう?と思いながら、室内へ。そこには予想をくつがえす開放感にあふれた明るく快適な暮らしがありました。ナチュラルモダンな内装デザインに、Hさんが大切にしているデンマークの古い家具や世界的巨匠デザインの照明が映える素敵なお宅です。
  • img1

ランクロイドライトの照明が映える吹き抜けのある2階リビング。ロフトへのスチール階段はオーダーメイドで造作。床暖房対応のチーク材フローリングは標準仕様の中から選んでいる

前面道路との高低差が大きいですが、この敷地との出会いは?
img2

南側道路から見た外観。この大きな高低差でプライベート感たっぷりの静かな家に

実は、この土地を購入する以前に契約寸前まで検討していた土地がありました。真四角な整形地で、道路との高低差もない良い土地でした。ただ、3方向を隣家 やマンションに囲まれており、ここに家を建てても圧迫感というか、閉塞感があるだろうと・・・。思い描いていた暮らしはできないと考え、断念。阪神間で子ども達の学区のことも配慮して家を探すとなると、建売住宅として売られていることが多く、なかなか土地だけでは売っていませんでした。そんな時、たまたまインターネット広告でこの土地を見つけたんです。早速、見学へ。敷地は南北が道路に面しており、いずれも2~3mほどの高低差があり、さらにV字型の変形 地。「ここに家が建つの?」と思う反面、「とっても独立感のある開放的な家が建てられるかも!」と期待に胸が膨らみました。
依頼の決め手は?
見学した土地は建築条件付きで、設計はハウジングネットワークの設計事務所・時遊空館が担当してくれるとのことでした。土地の契約にあたり、設計プランを 提案していただきました。この土地だからこそ、実現できる特別感のあるプランに心が躍りました。それまでは「本当にこの土地でいいのかな?」と半信半疑 だった妻も喜んで納得。道路との高低差を活かしたプライベート感いっぱいのリビングやバスルーム、2階リビングならではの吹き抜けやロフト空間・・・、それに希望していた家族それぞれの個室も設計に盛り込んでくれました。以前、私は建築関係の仕事についていたから分かるんですが、これだけの高低差のある敷 地での家づくりは、設計が難しく、手間もかかるのでハウスメーカーや普通の工務店では対応できないでしょうね。傾斜地や変形地の多い阪神間で実績を積んできた設計士がいる時遊空館だから、行政から建築確認の許可がおりる設計図面を描いたり、厳しい条件のもとでの施工ができるんだと思います。
img3

コロフトへのスチール階段はオーダーメイド。木質感あふれる空間に軽やかな雰囲気を与えている

住み心地はいかがでしょうか?
img4

子ども部屋は1階でありながら、高低差のある敷地のため、2階くらいの明るさを確保

山や自然が身近で、眺望のいい土地は、「これぞ、阪神間のロケーション!これぞ、注文住宅!」という感じで気に入っています。予想どおり、リビングは道路との高低差があって、マンションの3階くらいの高さです。周囲の家とも互いのプライバシーが守られ、心から寛げますね。バスルームは窓を開けていても、道 路からの視線が気にならず、半露天風呂のような感じです。地鎮祭で「この土地で大丈夫?」と心配してくれていた両親も完成した家に感心していました。
家づくりを通しての感想は?
設計士やインテリアコーディネーターなど「作り手」と直接打ち合わせができ、それぞれ専門家として分業されていて、さすがプロという完成度の高い仕事ぶり に満足できました。私たちの要望を的確につかんで、柔軟に対応していただけました。皆さん、ごまかしたり、ウソがなく、誠実な人柄に安心できました。また、標準仕様で選べるもののグレードが高く、オプションが少なくて済んだのも良かったですね。リビングや玄関のアクセントウォールに使ったコーラルストー ンやチーク材のフローリング、床暖房なども標準内でした。アップグレードしてもリーズナブルな価格設定で、非常に良心的でした。
img5

家族用の動線を設けた玄関。靴やコート、子どものボールなどをスッキリと収納

  • img6_b
  • img7_b
  • img8_b
  • img9_b
  • img10_b
  • img11_b
  • img12_b
  • img13_b
  • img14_b
  • img15_b
  • img16_b

阪神間の高台。
リビングは街と海、
遠くの山並みを一望する特等席

 

  • 阪神間の高台に「ヴィレッタの杜」が開発したコミュニティの一画にあるHさまのお住まい。静かで落ち着いた環境と調和のとれた街並みが住む人の心に安らぎを与えています。H様邸は明るくモダンな外観で、柔らかなラインを描くアイアンの外構や若々しい植栽がシンボルです。
    設計を担当したのは、エムズスタイルデザイン・建築家の松本義宣氏。大手ハウスメーカーで35年以上にわたる勤務を経て、ヴィレッタの杜グループへ。
    大手ハウスメーカーでシニアデザイナーとしてメディアからも注目を浴びた逸材です。H様は信頼できる家づくりのパートナーと出会い、理想の住まいを実現されました。
  • img1

最も眺めのよい場所に大きな開口を設け、家族の特等席に。光と風がやさしく家族を包み込んでいます。
コーナーのガラスは一枚が高さ165cm、幅116cmもの大きさがあり、開放感いっぱい

 

素晴らしい眺めですね。この土地との出会いは?
img2

眺めのよい2階リビングは勾配天井で高さが4mもあり、開放感いっぱい

住宅購入を検討するにあたり、マンション、中古物件、新築などさまざまな選択肢を考えました。
でも、なかなかピンと来るものがなくて・・・。たまたまインターネット広告でこの土地情報を見つけ、「近くだし、ちょっと見に行ってみよう」ということになりました。
さっそく、広告を掲載していたヴィレッタの杜さんにお願いして現地を案内していただきました。そして、この絶景が眺められる土地に私も妻も一目惚れでした。

 

家づくりはどのように進めたのですか?
この土地は建築条件付きだったので、売り主であるヴィレッタの杜グループの設計事務所に依頼をしました。仲のいい友人もこちらで建てていたこともあって、 信頼感がありましたね。設計士さんと打合せを進めていたのですが、私たちの事情で完成時期を翌年に延ばしていただくことに・・・。
1年後に家づくりを再開することになったのですが、その間に某大手ハウスメーカー出身で建築家である松本先生が設計メンバーの一員に加わっておられたんです。実は某大手ハウスメーカーの家は私たち夫婦の憧れでした。
当初からそのことはヴィレッタの杜さんには伝えており、なんと松本先生に我が家の設計をご担当いただけることに!まさに、渡りに船です。一目惚れした土地に、華やかでオシャレな設計デザイン・・・。私たちの理想の家が完成しました。
img3

コーディネーターが子ども部屋の壁はお子さんに好きなクロスを選んでもらうように提案

 

お気に入りのポイントは?
img4

普遍的な美しさを重視した外観デザイン。高基礎に堂々とそびえたっている

樹脂サッシを採用しましたが、聞いていた通り、まったく結露せずに冬を越しました。鍋物の翌朝でも、一滴も結露なし。スゴイですね。
以前、マンションに住んでいた時は毎朝結露がべっとりだったので、本当に驚きです。
カビの発生も抑えられますし、躯体も劣化しないので安心です。あとは、外観も好きです。
敷地は3mほどの高い基礎の上にあり、道路から家を見上げると迫力があり、自分の城という感じがしますね。

 

細部までしっかりと造り込まれていますね!
そうですね、細かな要望も丁寧に反映していただきました。提案してもらったパントリーは妻の要望でサービスバルコニーに変更。
我が家ではゴミの一時置き場として重宝しています。パソコンやインターネット、プリンターなどの配線コードは、収納スペース内に隠せるようにしています。
リビングと階段の間はスライド式ハイドアをつけて、開閉が自由に。普段はフルオープンにして開放感がありますし、冷暖房を使う時は閉めておくことで光熱費の節約にもなります。
img5

子ども部屋や主寝室は1階に配置。前面道路から奥まった位置で静かに眠れる

 

住み心地はいかがでしょうか?
img6

和室の床の間には季節を感じるものを飾って・・・。この日は贈り物のひな人形を

キッチンやリビングから美しい景色が眺められ、とにかく、毎日が幸せです。
さらに屋上感覚で使えるビューデッキは45畳の広さがあり、季節がよくなると家族みんなで食事をしたり、夏には大阪や神戸の花火が眺められます。
電気や水道も引いてあるので、BBQ以外にも楽しみが広がっています。
リビングは天井と壁が漆喰の塗り壁で、消臭や調湿効果があり、空気が澄んだ感じがして気持ちいいですよ。
  • img7_b
  • img8_b
  • img9_b
  • img10_b
  • img11_b
  • img12_b

 

 

11坪の敷地に建つ鉄骨3階建て。

夫婦と愛猫3匹の自由で伸びやかな暮らし

  • 駅から近く、幹線道路もスグという利便性の高い敷地に建つKさま邸。奥様が情報誌で見つけた土地を気に入り、広告主のハウジングネットワークへ。阪神間の 土地情報が多く、ほかにもいくつか案内をされたそうですが、結局、直観的に気に入っていたこの土地を購入されました。1階は店舗、2階はLDK、3階は寝室とバスルームや洗面室などの水まわり、さらに上階はロフトや屋上ガーデンへと続きます。11坪という狭い敷地を有効に、さらに耐震面でも安心して暮らせるように鉄骨造が提案されました。5年前に完成し、現しにした木の梁の色つやも味わいが深まっています。
  • img1

オーダーメイドキッチンは動線が短いコの字型。奥様の念願だった肉や魚を美味しく調理できるガゲナウ(ドイツ製)のコンロを採用しています。カウンターも造りつけ、さらにワインセラーも造作。天井は木の梁を現しにして、ぬくもりのある空間に

とても素敵お住まいですね。
img2

土地の購入から設計、施工までをハウジングネットワークに一貫して依頼

「インテリア雑誌が好きで、『家を建てる時のために・・・』と気に入った家の写真をスクラップしていました。設計士さんにそれを見せて、あれこれ希望 を伝えました。粘り強く、親身に対応していただき、思い通りの家が完成して満足しています。また、打ち合わせで訪問させていただいたオフィスの内装が素敵 で、我が家にもそのまま取り入れたものもあります。家にいながらも日常的に光や風を感じたり、ガーデニングも楽しめるようにテラスや屋上をつくり、心地よい家になりました」
とても明るく開放感のあるお住まいですが、工夫されたところは?
「両隣りに家が迫り、間口は4mほど。わずかに抜けがある南東の位置にバルコニーを設計して、開放感を出しています。窓の向こうに青い空が広がり、気持ちがよいですね。バスルームと洗面室の間はガラス張りにして、圧迫感がありません。浴槽に面した花台にはグリーンを飾って、清涼感ある坪庭のような雰囲気に。寝室は一部を吹き抜けにして、天窓から安定した光を取り込んでいます」
img3

ホテルライクに仕上げたガラス張りのバスルーム。自然光たっぷりで爽やか

特にこだわられた部分はどんなところですか?
img4

ダイニングキッチンに面したバルコニー。全開放できるサッシを採用し、オープンエアに

「ダイニングキッチンはバルコニーに面していて、光も風もたっぷり。気持ちよく、お料理や食事ができます。床はタイル張りにして、油ハネも気にならず、お手入れしやすいですね。また、ランドリーと物干し場は1mほどの距離。乾かして取り込んだ後も隣接する寝室のクロゼットにすぐに収納できます。物干し場の床はグレー チングにして、風通しもよいのですぐに乾きますし、階下へも光が抜けます。猫用にキャットウォークや抜け穴も造作してもらいましたので、猫も楽しそうに過ごしています」
住み心地はいかがでしょうか?
「壁や天井はすべて漆喰(しっくい)ですので、調湿・消臭効果があって空気が澄んでいます。遊びにきてくれた友人も褒めてくれます。ペットの臭いも気になりません。主人の希望で、天井の漆喰は波紋やブロックなどユニークな左官仕上げにしています。もっと遊び心を出して世界地図にしても面白かったかも!また、1階から屋上まで窓を開けておくと階段が筒のような役割で、風がよく抜けて気持ち良く暮らしています」
img5

漆喰塗りの天井。左官職人に依頼して、遊び心で波紋を描いている

  • img6_b
  • img7_b
  • img8_b
  • img9_b
  • img10_b
  • img11_b
  • img12_b
  • img13_b
  • img14_b
  • img15_b
  • img16_b
  • img17_b
  • img18_b
  • img19_b
  • img20
  • 2014080811340000
  • 2014080718480000
  • 2014080811410000

阪神間で出合った住宅街に、
住まい手の想いが100%発揮された家

  • 西宮市の閑静な住宅街にあるMさまのお住まい。
    お洒落な家々が立ち並ぶ中で、Mさま邸はモダンな外観がとても印象的。
    アイアンの門扉を開けると、玄関までゆったりとしたアプローチが続いています。
    まず土地を見つけることから家づくりをスタートされたMさま。
    阪神間にネットワークをもつ同社との出会いが、理想の住まいを実現するきっかけになりました。
  • img1

玄関へと続くアプローチ横のガーデニングは、全てMさんが丁寧につくりあげた

とても落ち着いた住宅街ですね。
img2

屋根と窓のデザインが印象的な外観。街路から玄関ドアが見えないよう、細やかに配慮されています

自由設計で家を建てたいと思っていたので、西宮・芦屋を中心に阪神間で土地を探していました。でもなかなか気に入ったところがなくて…。そんな時にイン ターネットで見つけたのが、ヴィレッタの杜さんのホームページ。会社が西宮にあるので地元の情報が多く、条件にあった土地をいくつか案内してもらいまし た。ここはその中のひとつ。穏やかでとても静かな街の雰囲気と、敷地南側が道路という立地が気に入りました。
入居されて2年。街の印象はかわりましたか?
とても静かだし、立地は申し分ないです。この土地に出合えて、本当によかったと思っています。近くで食事をしたり買物をしたり、暮らしの楽しみが増えました。
img3

缶やバケツなどをコンテナにした花々がアプローチ横にいっぱい

家の住み心地はいかがですか。
img4

南向きに大きな開口部を設け、心地よい光が差し込むリビング

1階は廊下を設けず、リビング階段を採用したので、ワンフロアのような開放感があります。道路と高低差があるうえ、外からの視線は遮り、光や風を招くフェ ンスにしたことで、南向きに大きな窓を確保でき、とても明るくて気持ちいいですね。漆喰の壁で、室内はいつも爽やか。「使う場所にしまう」、そんな適材適 所の収納を実現するよう、リビングやキッチンには収納スペースをしっかり設けてもらったので、すっきりと片付きます。
お気に入りのポイントは?
キッチンの一角に設けてもらった書斎&家事コーナーですね。リビングで寛ぐ時間より、ここにいる方が長いかも。デスク横には棚を造り付けてもらいました。 ガーデニングが好きなので、時間があれば外に出て、土いじりを楽しんでいます。だから季節感を感じられる玄関横のピクチャーウィンドウがお気に入りです。 ショップを回って購入したガーデニング用の小物と草花をあわせて飾り、楽しんでいます。
img5

折上天井、ダウンライトですっきりとしたLDKのアクセントになっているのが、ダイニングのシャンデリア。白を基調にした室内とあわせ、対面式カウンターキッチンも白で統一

玄関やトイレは素材やデザインにこだわっていますね。
img6

家族やゲストを迎える玄関。壁には自然石を

リビング・ダイニングは白を基調にシンプルモダンにまとめているので、玄関ホールの壁にはアクセントになる自然素材のコーラルストーンを、トイレは1階と 2階の雰囲気を変えて、それぞれ素材や照明にこだわりました。質感のいいものはそこにあるだけで存在感があります。ドアを開けた時に、そんな印象を持って もらえるとうれしいです。
  • img7_b
  • img8_b
  • img9_b
  • img10_b
  • img11_b
  • img12_b

 

Facebook