PAGETOP

  1. TOP
  2. >
  3. 購入者インタビュー

聞かせて!
ヴィレッタ倶楽部

購入者インタビュー
Interview

敷地15坪。
自然素材と光あふれる都市型3階建て

  • 大阪市内で新築をされたKさまご一家。
    間口はわずかに2間半、15坪の細長い土地に建つ木造3階建て住宅です。
    交通量の多い大通りから少し入った住宅密集地にありながら、明るく開放的な居住スペースには自然素材がふんだんに採用され、健やかに子育てを楽しまれています。
    設計士やインテリアコーディネーターとKさまご夫婦が対話を重ねに重ねて、大満足の家が完成しました。
  • img1

アイランドキッチンが暮らしのメインステージ。東側はガラス張りにして、朝から爽やかな光に包まれる自然素材の家。
天井高の建具やスチール階段は壁と同じホワイトで揃え、存在感を出さずにスッキリと。

依頼先はどのように決めましたか?
img2

壁面に大きなパントリーを造作。キッチンはコストとこだわりに配慮してサンワカンパニーで購入

「立地を気に入り、購入した土地はもともとは建築条件が付いていました。つまり、指定の建築会社に家づくりを依頼をするという前提がありました。しかし、 なかなか要望が伝わらず・・・。思い切って、建築条件を外してもらうように交渉しました。設計士が多く在籍されているハウジングネットワークなら、こだわりの多い私たちの要望をうまくカタチにしてくれると思い、依頼を決意。子どもを自然素材の家で健やかに育てたいという夢も叶えることができました。漆喰のぬり壁&ムクの床は暮らしていて、本当に気持ちがいいですよ」。
狭小住宅なのに、とても明るく開放的ですね。
「住宅が立ち並ぶエリアで、3方を隣家に囲まれた敷地。光や風をどのように確保するかが、課題でした。
東側は平屋のため、東面に大きな窓を設けることに。東面に設けられた階段は吹き抜けに、さらにフレームだけのスチール階段をオーダーメイドし、光を遮らないように工夫しています」。
img3

大きな窓から光がたっぷりと。スケルトン階段だから、光を遮らず、家じゅうが明るい

お気に入りのスペースはどこですか?
img4

一画にコーナーバルコニー。キッチンやリビングとの動線もよく、週末はBBQを楽しんでいる

「アイランドキッチンを中心としたLDKは遊びに来てくれた友人にも大好評。先日も8人でキッチンを囲んで、ワイワイおしゃべりしながらホームパーティで 盛り上がりました。12畳と決して広いわけではありませんが、開放感があり、動線もよくて使い勝手は抜群です。キッチンの横には水まわりをまとめ、料理をしながらでも子どもがお風呂に入ったり、歯磨きをしている様子に目を配ることもできます」。
  • img5_b
  • img6_b
  • img7_b
  • img8_b
  • img9_b
  • img10
  • img11_b
  • img12_b
  • img13_b
  • img14_b
  • img15_b
  • img16_b

一覧に戻る