PAGETOP

  1. TOP
  2. >
  3. 購入者インタビュー

聞かせて!
ヴィレッタ倶楽部

購入者インタビュー
Interview

道路と敷地の高低差2m以上、V字型の変形地。
住みやすく、開放感のある家に

  • 阪神間の山の手、成熟した住宅地に建つHさんのお住まい。急な坂道のさらに奥まったところ、敷地は2面が道路に面しているものの、それぞれ2~3mほどの高低差があります。さらにV字型の変形地・・・。
    いったい、どんな家なんだろう?と思いながら、室内へ。そこには予想をくつがえす開放感にあふれた明るく快適な暮らしがありました。ナチュラルモダンな内装デザインに、Hさんが大切にしているデンマークの古い家具や世界的巨匠デザインの照明が映える素敵なお宅です。
  • img1

ランクロイドライトの照明が映える吹き抜けのある2階リビング。ロフトへのスチール階段はオーダーメイドで造作。床暖房対応のチーク材フローリングは標準仕様の中から選んでいる

前面道路との高低差が大きいですが、この敷地との出会いは?
img2

南側道路から見た外観。この大きな高低差でプライベート感たっぷりの静かな家に

実は、この土地を購入する以前に契約寸前まで検討していた土地がありました。真四角な整形地で、道路との高低差もない良い土地でした。ただ、3方向を隣家 やマンションに囲まれており、ここに家を建てても圧迫感というか、閉塞感があるだろうと・・・。思い描いていた暮らしはできないと考え、断念。阪神間で子ども達の学区のことも配慮して家を探すとなると、建売住宅として売られていることが多く、なかなか土地だけでは売っていませんでした。そんな時、たまたまインターネット広告でこの土地を見つけたんです。早速、見学へ。敷地は南北が道路に面しており、いずれも2~3mほどの高低差があり、さらにV字型の変形 地。「ここに家が建つの?」と思う反面、「とっても独立感のある開放的な家が建てられるかも!」と期待に胸が膨らみました。
依頼の決め手は?
見学した土地は建築条件付きで、設計はハウジングネットワークの設計事務所・時遊空館が担当してくれるとのことでした。土地の契約にあたり、設計プランを 提案していただきました。この土地だからこそ、実現できる特別感のあるプランに心が躍りました。それまでは「本当にこの土地でいいのかな?」と半信半疑 だった妻も喜んで納得。道路との高低差を活かしたプライベート感いっぱいのリビングやバスルーム、2階リビングならではの吹き抜けやロフト空間・・・、それに希望していた家族それぞれの個室も設計に盛り込んでくれました。以前、私は建築関係の仕事についていたから分かるんですが、これだけの高低差のある敷 地での家づくりは、設計が難しく、手間もかかるのでハウスメーカーや普通の工務店では対応できないでしょうね。傾斜地や変形地の多い阪神間で実績を積んできた設計士がいる時遊空館だから、行政から建築確認の許可がおりる設計図面を描いたり、厳しい条件のもとでの施工ができるんだと思います。
img3

コロフトへのスチール階段はオーダーメイド。木質感あふれる空間に軽やかな雰囲気を与えている

住み心地はいかがでしょうか?
img4

子ども部屋は1階でありながら、高低差のある敷地のため、2階くらいの明るさを確保

山や自然が身近で、眺望のいい土地は、「これぞ、阪神間のロケーション!これぞ、注文住宅!」という感じで気に入っています。予想どおり、リビングは道路との高低差があって、マンションの3階くらいの高さです。周囲の家とも互いのプライバシーが守られ、心から寛げますね。バスルームは窓を開けていても、道 路からの視線が気にならず、半露天風呂のような感じです。地鎮祭で「この土地で大丈夫?」と心配してくれていた両親も完成した家に感心していました。
家づくりを通しての感想は?
設計士やインテリアコーディネーターなど「作り手」と直接打ち合わせができ、それぞれ専門家として分業されていて、さすがプロという完成度の高い仕事ぶり に満足できました。私たちの要望を的確につかんで、柔軟に対応していただけました。皆さん、ごまかしたり、ウソがなく、誠実な人柄に安心できました。また、標準仕様で選べるもののグレードが高く、オプションが少なくて済んだのも良かったですね。リビングや玄関のアクセントウォールに使ったコーラルストー ンやチーク材のフローリング、床暖房なども標準内でした。アップグレードしてもリーズナブルな価格設定で、非常に良心的でした。
img5

家族用の動線を設けた玄関。靴やコート、子どものボールなどをスッキリと収納

  • img6_b
  • img7_b
  • img8_b
  • img9_b
  • img10_b
  • img11_b
  • img12_b
  • img13_b
  • img14_b
  • img15_b
  • img16_b

一覧に戻る