PAGETOP

  1. TOP
  2. >
  3. 購入者インタビュー

聞かせて!
ヴィレッタ倶楽部

購入者インタビュー
Interview

阪神間の傾斜地を活かした家

~洗練されたヴィンテージ~

西宮の山の手で新築をされたKさま。
二女が誕生し、住んでいたマンションが手狭になり、
一戸建てへの住み替えを検討。
予算面で建売住宅か、中古住宅で・・・と考えていたが
思うような物件に出会えず、
自分たちの予算で自由設計の家づくりで
夢を叶えられる方法に出会いました。

「ヴィレッタの杜との出会いは?」
住んでいたマンションの売却もあわせて
不動産会社さんと家探しをしていました。

3カ月間ほど、建売住宅や中古物件を見て回りましたが
なかなかピンと来る物件がなく、
自由設計で建てることにしました。

西宮のなかでも〇〇エリアというようにかなり狭いエリア内で
土地を探していたのですが、西宮市で供給数の多い
ヴィレッタの杜でちょうどいい売土地があり、契約しました。

傾斜地で、しかも前面道路から低いところに敷地が広がる土地で、
一見すると、いい条件ではないのですが
阪神間では多い敷地ですし、
建築家の設計で敷地のよい部分が引き出され、
眺めがよく、陽あたりのいい家が完成しました。

家づくりはどのように進んだのですか?
正直、家を建てることを予定していなかったので、
イメージが漠然としていました。
インテリアやデザインは好みがはっきりとしていましたが、
プランの話になると初めて考えることばかりで・・・。
でも、建築家とコーディネーターのおふたりにリードしていただき、
イイ感じにまとめていただきました。

建築中、現場も見せていただき、真面目な大工さんが
コツコツとお仕事されていて、安心しました。
快く迎えて見学させてもらったのもいい思い出ですね。
家づくりに携わってくださる業者さんも地元の会社ばかりで、
親しみも湧きますし、対応もスピード感があるので安心です。




家づくりでこだわったことは?
我が家は、とにかく、リビング重視で考えました。
3面を大きな透明な窓で囲い、さらに遠くまで見える広ーーいテラスとひと続きに。
朝から夕方まで明るいですし、すごく開放感があります。
子どもたちも天気がよい日はテラスに出て、食事をしたり、
お花に水やりをしてのびのびと過ごしています。

また、手持ちのアンティーク家具やランプが馴染む空間にしたくて、
金属製のスイッチプレートや漆喰の塗り壁など、ちょっとレトロ感があったり、
風合いのいい素材を採用しました。

3カ月間ほど、毎週のように打ち合わせをし、
全くの白紙から新しいものが出来上がっていくことが楽しかったですね。
インスタグラムを活用するなどして、細部までしっかりと想いを汲んでもらえたのも
うれしかったです。

予算は抑えめに、でもカッコよく!というリクエストに
コーディネーターさんがいろんなアイデアを出してくれました。
例えば、階段の手摺りはアイアンを無塗装で使って、鉄の風合いを活かすラフなデザインに。
私たちの好みを完璧に理解してくれていて、
予算とこだわりにあわせて、コストをうまく活かす努力をしてくれたと思います。

住み心地はいかがでしょうか?
リビングは朝や昼は明るくて気持ちがいいですが、
夕方から夜にかけてもとても素敵なんですよ。
最高の夜景が楽しめる特等席です。

冬は陽だまりができてポカポカ、夏は風がさらさらとよく抜けます。
子どもたちも「新しい家が大好き」って言ってくれていて
自由設計で建ててよかったと思います。

3階建てなので上下の移動が大変では・・・と心配だったのですが、
プランの工夫のおかげで、あちこち動き回らないで済みます。

一覧に戻る