PAGETOP

基本構造仕様

基礎構造
Substructure

  1. TOP
  2. >
  3. 基本構造仕様
  4. >
  5. 基礎構造

基礎構造暮らしの安全は、基礎部分から完成すると見えない部分にもこだわる家づくり

文字通り「暮らし」のベースとなる基礎・土台。ずっとご家族を支えるのは、建ってしまってからではもう見ることができない部分です。ヴィレッタの杜では、標準値以上の仕様で、皆様の「暮らし」を支える家づくりをしています。

基礎配管工事
主筋はより太く鉄筋D13採用。型枠は、コストより品質を重視し鋼製型枠採用。
ベタ基礎施工後
圧縮・ひっぱりに強い鉄筋コンクリートベタ基礎を採用。
水漏れの危険性が少なく、メンテナンスのしやすい「さや管工法」(フラット35S仕様)
基礎高は公庫基準をクリアする400mm以上を確保。

永く快適に住めてこそ「良い家」。住まいを守る様々な取り組。日本の住宅を苦しめる湿気に対しても、きちんと配慮しています。通気工法床下の換気にパッキンを入れる基礎パッキン工法を採用。土台下部全周から空気が流れるため、湿気の滞留が少なくなります。