PAGETOP

基本構造仕様

建物構造
Building Structure

  1. TOP
  2. >
  3. 基本構造仕様
  4. >
  5. 建物構造

建物構造暮らしの安全は、基礎部分から完成すると見えない部分にもこだわる家づくり

SS天井
天井の下地に亜鉛メッキ鋼板のSS天井(軽量鉄骨下地)仕様を採用。
木製野縁に比べ乾燥、変形による天井クロスのねじり、ちりぎれ等のトラブルを防ぎます。また、亜鉛メッキ鋼板を使用していることでサビにも強く長期に渡り耐食性を保ちます。

鋼製火打ち仕様地震や台風時に発生する水平力による変形を防止するために設ける鋼製火打ちは、プレスによる一体成型で均一な強度を持ち信頼性の高い火打ち梁です。

ネダレス工法
土台と大引の間に根太を貼らずに合板を張るネダレス工法。従来の床よりも強度と剛性が増し、地震の水平力への対応がとても強くなります。さらに、鋼製火打を採用し 強度を高めた工法です。
※構造計算上、24mmに変更する場合がございます。
さらなる強さを求めて金物接合補強
木造住宅では、特に柱と梁の接合方法が重要になります。従来工法の最大1.7倍相当の強度を誇るテックワンP3金物を採用。この金物は、強度だけではなく、高耐食性のメッキ防錆処理が施され、また従来のものより3~5倍の防錆力を発揮し、高耐久の住宅の実現を可能にします。断面欠損が小さい事が特長です。